img14
115 : :sage :04/12/11 22:56:33 ID:???

過去の逃げられなんだが、898待ちの暇つぶしにここでちょっと語らせてくれ。
もちろん叩いてくれて構わない。

俺がどんなに妻に酷いことをしてきたか、懺悔したい。

116 : :sage :04/12/11 23:02:10 ID:???

結婚したのは21年前。
妻は高校時代の同級生で、7年付き合って25歳で結婚した。

当時、俺の父親は商売に失敗し、7千万ほどの借金を抱えていた。

今の時代ならあっさり自己破産だろうが、当時はそんなことは許されなかった。

そんな俺だったが、当時の彼女だった妻が結婚をしぶるとは考えもしなかった。
借金だらけだったから、両親も親戚も猛反対だった。
反対を押し切った形で結婚を決めた。

結納はなし。指輪も、彼女の親の手前があるので用意したが実は彼女自身の貯金で買ったものだった。

結婚すると決めて、俺の親に報告したとき
お袋は「○○(俺)は30まで結婚させたくないのに。」と、嫌な顔で言った。
親父は「勝手にすればいい。」と言い、すでに嫁いでいた妹だけが「おめでとう。」と言った。
そのあと、にやっと笑って「いっしょに借金返すんだね。」と言った。

117 : :sage :04/12/11 23:13:00 ID:???

彼女は「いっしょに借金を返します。」と笑った。
「みんなで頑張れば、家2軒程度の借金、すぐに返せるよ。」と俺に言ってくれた。
俺は前向きで明るくて元気のいい彼女に励まされた。
親戚たちも彼女に好意的で、彼女なら何とかしてくれるかもね、と俺に言った。

結婚式の費用は借金返済に当てようという彼女に、俺の親は
「とんでもない。長男と長女の結婚式で披露宴もしないなんてそんな恥ずかしいことはできない。だいたい、☆☆(彼女)ちゃんの親に申し訳ない。」と言った。
俺達は普通の結婚式を挙げ、披露宴をすることになった。

出席人数は俺側70人彼女側27人。

費用は折半でということになったが実際は全額彼女の貯金。

嫁入りに先だって、お袋は彼女に
「着物は最低これこれ揃えてこい」と言ったらしい。
結納も無いのにと彼女は少し怒っていたが、大半は揃えた。

118 : :sage :04/12/11 23:20:23 ID:???

結婚式の準備は、ほとんど彼女ひとりでやった。
お金を使わないでも親が恥をかかないようにと、俺は式場のカタログモデルにされ、彼女は古くて安い結婚衣装を選んだ。

式の6日前、彼女の父親がくも膜下出血で倒れた。
彼女は式を延期してくれと言った。
俺の親は、

「お父さんが生きてるうちに式をあげなくてはいかん。死んでからだと面倒だ。」と

彼女の前で言った。

彼女は泣きながら延期してくれと、頼んだ。
親が生きるか死ぬかと言うときに、結婚式など出来ないと。

俺の親と仲人は延期する気などさらさらなかったようだ。
彼女の叔父さんが、俺の親と仲人に「ばか野郎!そんな家に姪はやれん!この話はなかったことにしてくれ!」と病院中に響き渡る声で怒鳴った。

120 : :sage :04/12/11 23:28:23 ID:???

帰りの車の中、妹が言った。

「破談にして、慰謝料をもらえばいいじゃん。」俺は妹を怒鳴った。

そのまま式場へ直行し、事情を話して延期をお願いした。
式場の担当者は、「当然ですよ。そんな大変な事情でしたら、キャンセル料も不要です。お父さんがお元気になられたら、晴れて式を挙げましょう。」と言ってくれた。

幸いにして彼女の父親は回復、結婚式は3ヶ月遅れで挙げた。
3月末なのに、この地方には珍しいものすごい大雪が降って、4時間も延期になったのはご愛嬌か、神様が反対してたのか。

121 : :04/12/11 23:30:52 ID:PLsQE5Ta

あんたの親や妹は鬼か?悪魔か?

122 : :sage :04/12/11 23:33:17 ID:???

見てて反吐が出るほど嫌になる家族だな

123 : :sage :04/12/11 23:34:20 ID:???

妹、禿しく常識ないな

125 : :sage :04/12/11 23:36:46 ID:???

言い忘れたが、新婚時代くらい2人っきりで暮らしたいという彼女の希望で俺達は市営住宅入居を申し込んでいた。
意外にあっさり入居許可が出た、その通知が俺の家に届いたとき、俺の親は妹を呼んで話し合ったらしい。
市役所へ勝手に入居辞退の電話をしたのは妹だった。
俺が呼ばれたとき、妹はもう戦闘態勢だった。

「別居ってどういうこと?親を見捨てる気?それならそれで、一切の縁を切って出てってちょうだいね!」

親も「何を考えとる!別居だなんてふざけるな!」

「借金を返すために嫁に来る奴が別居してたら、借金が増えるだけじゃわ!」と3対1で責められ続け、俺は市営住宅をあきらめることにした。

どうせいずれは同居するんなら、最初から同居しても同じかもしれない。

借金の返済のためだったら、それは仕方がないだろうと思った。
彼女も納得してくれると思っていた。

124 : :sage :04/12/11 23:35:18 ID:???

昔 ◆JRps2MHPuEよ、当時『お前がどう考えてどうしたのか』が抜けてるぞ。

127 : :sage :04/12/11 23:38:40 ID:???

>>124
すまん。俺はあまり何も考えていなかったと思う。
彼女はしっかりもので、任せておけば何とかしてくれる。
甘えていた。

128 : :sage :04/12/11 23:39:45 ID:???

>借金を返すために嫁に来る奴
己で返せやボケ!……だな。

129 : :sage :04/12/11 23:42:52 ID:???

借金を返すために嫁に来たんじゃないんだ。
結婚するんだから、あなたの家の借金を一緒に返すのは当たり前だと言ってくれた。

133 : :sage :04/12/11 23:46:15 ID:???

続き結構気になるなw
妻ってことは今でも一緒にいるんだろ?
そんなDQNだらけのお前の家族の中でどうやって嫁さん今までやってきてんの?

136 : :sage :04/12/11 23:49:37 ID:???

市営住宅を断ったこと、電話で彼女に伝えた。
彼女が電話の向こうで絶句したのがわかった。
数秒の無言の後、「…仕方が無いよね。」と、彼女の声が聞こえた。
気が抜けた声だった。

俺はほっとした。彼女がどんな気持ちでいるのか、考えもしなかった。

自分が責められなかったことだけにほっとしていたと思う。

新婚旅行。
彼女は海外を望んだが、俺は日本語の通じない場所が面倒だった。
彼女の希望はグァムだったのだが、俺の希望で沖縄にした。
「結婚したら海外なんて行けないかもしれないのに。」
「義妹ちゃんもハワイだったのに。」
彼女にしては珍しく、長いこと愚痴っていた。
が、借金をしている親戚の手前もあって、親も海外には反対だった。

その2年前の妹の結婚のときには、「せめてハワイくらいは…。」と婿に言ってたがw

137 : :sage :04/12/11 23:49:38 ID:???

>「別居ってどういうこと?親を見捨てる気?それならそれで、
 一切の縁を切って出てってちょうだいね!」

こんなこといわれたら、渡りに船で俺なら速攻絶縁だな
こんなバカ親子+7000万の借金とおさらばできるなんて最高じゃん
ぜつえんしてすっきりさっぱりして
嫁とラブラブ生活してるぜ
お前バカだなー

139 : :sage :04/12/11 23:53:34 ID:???

>>137
まったくだ。そのとき縁を切っておけば、彼女を壊すことも無かっただろう。
子供たちも泣かずに済んだだろう。
今になって口惜しい。
お前らが羨ましい。
あのときの俺には、親を助けなくてはいけない、という強い義務感があった。
親や妹のいう矛盾点にも気づかなかった。
彼女は黙って従うのが美徳だと信じていたようだ。

141 : :sage :04/12/11 23:59:42 ID:???

話があちこちしてすまない。
思いだし思いだしして書いている。

結婚式にもらった祝儀はすべて俺の親が持って行こうとした。

「今まで俺らが出しているから貰ったもんだ。俺らが貰って当たり前だ。」
親父がこう言ったので、彼女の妹が「お姉ちゃんのお友達の分だけは返して下さい。」と言い式場でちょっと喧嘩になりかかった。
俺の妹が後で返すから!といいその場は収まったが、返してはくれていないらしい。

140 : :sage :04/12/11 23:57:33 ID:???

登場人物の中で誰か一人ぐらいマトモなのはいないんですかね?
ドラマだと思って聞いても感情移入できないんですが。

146 : :sage :04/12/12 00:03:09 ID:???

>>140
そうだな。誰がまともだったんだろう。
彼女の妹、彼女の叔父さん。彼女の親父はマシなほうか。
俺の両親と妹は最低だった。
仲人も、今となってはどうかと思うよ。

新婚旅行は楽しかった。彼女は「こんなに幸せでいいんでしょうか?」と笑った。
帰って来た夜から彼女の地獄は始まったようだ。

147 : :sage :04/12/12 00:04:48 ID:???

>俺の両親と妹は最低だった。

じゃなくて、お 前 が 一 番 最 低 なんだよ!

148 : :sage :04/12/12 00:05:45 ID:???

まあ叩くのは話が終わってからにしようや
一応最後まで聞きたい

144 : :sage :04/12/12 00:02:09 ID:???

なんかさあ「夫」であるお前が少しも見えてこないんだよな。
「妹が…」「親が…」ばっかりで、一番の当事者であり、妻である彼女を守るべきお前がさ「傍観者」でしかいないってどういう事だよ。

150 : :sage :04/12/12 00:06:51 ID:???

>>144
そのとおりだ。
俺は彼女の「いいよ。そのくらい、仕方が無いじゃん。」という言葉を間に受けたし彼女はあまり愚痴を言わなかった。
よく「あなたの親兄弟の悪口を聞かされたら、気分良くないよね。」と言っていた。
それでもときどき、俺の親のことで愚痴り始めると

「親の悪口は聞きたくない!」とシャットアウトしてしまった。

153 : :sage :04/12/12 00:13:23 ID:???

俺は面倒くさいことが嫌だった。
黙り込む、という手段で、彼女の言葉を奪っていたんだと思う。

俺の住んでいる地方は(他もそうかもしれないが)
嫁に来たらまず近所に挨拶回りして、ご先祖様の墓参りをするらしい。
俺はこれを知らなかった。

新婚旅行の翌朝。
彼女は「ご挨拶回りするなら、着物に着替えないとダメですよね。」とお袋に言った。
お袋は、「このへんで近所に挨拶回りする嫁なんて訊いたことも無い。」と笑った。
俺は披露宴に隣人ということでご近所がほとんど来ていたので、そんなもんかと思った。
彼女は不審そうであったが、それ以上は何も言わなかった。
「じゃあ、お墓参りにいくのじゃない?」と言ったが、お袋も何も言わなかったので「まぁいいんじゃないの?」と流してしまった。
それは大失敗だったことが後からわかった。

154 : :sage :04/12/12 00:19:01 ID:???

数ヶ月後、彼女が泣きながら帰って来た。聞けば…。
「以前にスーパーで隣の奥さんに会ったので挨拶したら無視された。
 気づかなかったんだろうと思っていたら、今日あなたの叔母さん(近所)に叱られた。
 何故挨拶回りくらいしないのか。
 姉さん(俺のお袋)からあなたが「近所へ挨拶なんて面倒だからしない」といった話聞いたけどあまりに非常識過ぎる。
近所をバカにしてるのか。みんな怒っている。そう聞かされた。これはどういうことなの?」

156 : :sage :04/12/12 00:24:29 ID:???

俺も驚いた。お袋に事実を確かめにいったら
「挨拶回りくらい常識なのに、しないほうが悪い。恥をかかされたのは私だ。」と言う。
「お前がしなくていいと言ったじゃないか。」といえば「そんなこと言うはず無い。」と言う。
話にならないのでそれ以上追求できなかった。
彼女も「もういいから。私は気にしてないから。」と言ったので、そのままにしてしまった。

彼女は挨拶回りの品物(洒落たタオル)を用意していたが、それらはいつのまにか無くなっていた。
妹が勝手に持っていったことがわかったのは、数年後だ。

157 : :sage :04/12/12 00:33:12 ID:???

結婚して2ヶ月、彼女は仕事と家事を必死にこなしていた。
夕飯が早いので、夜中に腹が減ったというと、彼女はやきそばやチャーハンを作ってくれた。
料理は上手かった。お袋が下手過ぎたかもしれん。
お袋は買ったものを並べるだけの主婦だった。

はじめて肉団子を作ったとき、親父が「こういうものは家でも作れるんだなぁ」と感心していた。
が、口に入れてすぐに吐き出して「これ腐っとる!」と言った。
彼女は驚いて、親父が吐き出した肉団子を口に入れた。
「別に大丈夫だと思うけど…。」
その言葉に親父もまた肉団子を口に入れ、「うん、美味いわ。」と言った。
買ったものと違って柔らかかったから、という理由だった。
お袋が「おかしなもん作るからいかんわ。」と言った。
彼女は黙って下を向いて食べていた。
俺は…何も言ってやらなかった。彼女をかばうべきだったがしなかった。
それは理由があった。

158 : :sage :04/12/12 00:38:08 ID:???

結婚するとき、彼女が俺に言った。
「お義母さんと私が喧嘩になったら、お義母さんの味方になってあげて。
 大事な息子を取られて、その息子が嫁の味方しちゃったら、お義母さんの立場がなくなるよ。
 私には後でフォローしてくれればいいから、お義母さんの味方してあげてね。」

この言葉に甘えた俺は、見て見ぬふりをし、そのうちにフォローすらしなくなった。

当時の妹は当時の亭主を連れて毎週2泊しに来ていた。

159 : :sage :04/12/12 00:39:47 ID:???

さて、夜も遅いので続きは明日。



【逃げられ】既男板の898が一人で踊るスレ【寸前】
http://ex9.2ch.net/test/read.cgi/intro/1102169908/
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック