img14
295 : :04/12/12 16:19:38 ID:Nlm2P3Bu

>>286
うわー、それであんなたが新居についていって、
そしたらもれなくあんたの両親と妹もやってきて、
多少は強くなった嫁の戦いは続くってやつか?

299 : :sage :04/12/12 22:26:08 ID:???

すまん。仕事が長引いて、さっき帰って来た。
さすがに昨夜の寝不足が響いて、眠くて死にそうだ。
テキストにまとめる約束も、今夜はできそうにない。
もう少し時間をいただけたらありがたい。

>>295
かなり近いw
が、ここからは嫁姑の問題ではなく俺と妻との問題になっていく。
お袋は別居した途端に「優しいお姑さん」になって妻は感謝していた。

300 : :sage :04/12/12 22:36:45 ID:???

しかし凄いな。ここまでだけで充分悲惨な話なのに、本人の文章から妻に対して全く申し訳ないという気持ちが伝わって来ない。

ネタでもネタじゃなくても充分気持ち悪いな。

302 : :sage :04/12/12 23:05:36 ID:???

嫁さんが壊れたってのはどんな状態なんだ?
カミーユみたいになったのか?

303 : :sage :04/12/12 23:18:17 ID:???

昔氏、仕事お疲れ様~。

私だったら土下座されて謝られてもここまでされてたら無理。
「ふざけんな、ゴラァ~~ッ」って子供連れて出て行くけどなぁ。
奥様、昔氏を連れていくんだ・・・。はぁ~~。

306 : :sage :04/12/13 00:23:24 ID:???

>>300
結局こいつ、自分が楽になりたいだけなんだよ。
悪いことした方は謝ったり愚痴吐きでスッキリできるけどされた方、謝罪を受け止める側はずっとモヤモヤを抱えることになる。
これからずっとかみさんは心の底からスッキリ出来ない。
一人の人の半生(これから先は知らんから一生とは書かない)を台無しにしたんだ。
どんなに頑張っても埋め合わせしきれない。それだけの事をしたのにな。

308 : :sage :04/12/13 00:30:26 ID:???

つーか、こいつネタ師だろ?
いくら何十年経とうが、あそこまで精神壊れたやつが壊れた過程を見ず知らずの人間に暴露されてお礼言えるはずがない。

313 : :sage :04/12/13 18:22:05 ID:???

別居したから、優しいお姑さんにって…。
こんだけ酷い目に遭わされてんのに、まだ縁切ってないのかよ!?
最低だなお前。 
どうせ嫁さんが「そこまでしなくていい」って言ったので…とか言うんだろうけど、そんなもん遠慮と建前だってまだわかんないのかよ。
そういう時は無理やりにでもこっちから絶縁しないといけないだろ!
今優しいのは老後の介護をしてもらわないといけないからだろ。
本当は嫁さんは、あんだけ苛め抜かれたクソ婆の顔を見るたんびに辛かったんだと思うよ。

314 : :sage :04/12/13 19:16:27 ID:???

良く分かったよ。
お前はお前の環境が変わらない事に一生懸命なんだな。
だから嫁が酷い目にあっても、嫁が大丈夫と言えばそうなんだと安易に思い込むんだな。

ああ、こんな奴にあんないい嫁さんが…。

321 : :sage :04/12/13 23:29:52 ID:???

こんばんは。
待たせて申し訳ないのだが、長女が学校の課題を仕上げなくてはならんらしくPCを占領されている。
今、風呂に入る20分間だけPCを空けてくれた。
できるだけレスさせてもらうよ。

>>302
カミーユってのが何だかわからないが、妻の病気は複雑性心的外傷後ストレス障害という名前だ。
調子の悪い日は家から1歩も出られない。

>>306
そのとおりだ。
俺は自分が良ければ良かったんだ。

>>313
そうかもしれない。
確かにお袋は急に優しくなった。
それは孫たちに会いたかったからなのか介護目的かわからんが女房は別居後、一度も俺の実家に行かなかった。
仕事場にお袋と親父が会いに来たときは、普通に接していたらしい。 親父もお袋も、新居には一度も来なかった。 >>314
まったくそのとおりだ。
俺は自分が変わらない毎日を過ごせればそれで良かったんだ。
怒った妻の口癖は
『あなたは自分が毎日温かいご飯が食べられて、ゆっくりお風呂に入れて気持ちよく寝られれば、それで良かったのよ!』
この言葉がすべてをあらわしていると思うよ。

322 : :sage :04/12/13 23:31:48 ID:???

長女がPCをあけろとせっついているので、今夜はこのへんで。

明日休みを取っているので、妻を病院に連れていった後続きを書きこもうと思う。
申し訳ないが許して欲しい。

324 : :sage :04/12/13 23:55:10 ID:???

>>323
原因取り除くのが一番いいんだけどね
どうやら原因くん達は自分のせいで病気な人がいても離れてやろうとは思わないんだな

338 : :sage :04/12/14 23:41:03 ID:???

遅くなってすまなかった。
妻の妹が急に入院したので、夜までバタバタしていた。
今遅い夕食を済ませたところだ。
まだテキストにまとめていないが、少しでも続きを書く。

土下座こそしなかったが、俺は妻に連れていってくれと頼んだ。

妻は…とりあえずその場は…考えると言った。
しかし翌朝、妻は引越し業者に「今日は中止します」と電話をかけた。

本当に仕事を変わってくれる?

親や兄弟や親戚と縁を切れる?

何度も何度も念を押されてうなずいた。
当時の俺は父親といっしょに仕事をしていて、給料はほとんどもらっていなかった。

毎朝親父から缶コーヒー代100円とタバコ代220円=320円をもらう生活だった。
前にも書いたが、妻から毎月5万円を小遣いとしてもらっていたのでパチンコ代にも事欠かない生活…少なくとも俺は金に困っていなかった。

339 : :04/12/14 23:51:40 ID:bdyUfiBu

妻!甘っっっ!!!
もう、ほんと、とことん「いい人」なんだなあ、妻って。
「借金一緒に返します」って言って嫁に来るぐらいの人だからなあ。

340 : :sage :04/12/14 23:54:39 ID:???

借金の残額がいくらあるかも知らなかった。
少なくとも俺の毎日の生活に、借金の残額は関係なかったというのが近いだろう。

親父はお袋も含めて、決して収入の明細を明らかにしなかったし、借金の残高も言わなかった。
妻が問い詰めようとすると暴力で黙らせようとした。

毎日真面目に働いていれば、必ずそのうちに借金は返済し終わるだろう。

毎月、60万近い返済をしていたのだから、子供が成人するまでは終わるだろうと安易過ぎる考えのまま日を過ごしていた。

妻は考え込んだ挙句、俺に言った。
「家を買いましょう。この家にはもう戻らないという意思表示になるでしょ?」と言った。

俺は許されたことを知った。

翌週から家族4人でマンションのモデルルームを見て回り、実家から車で30分の場所を決めた。妻の会社からも近い。

妻は頭金に800万円をポンと出した。
名義は100%妻、俺が連帯保証人。

「何かあったら、あなたが家を出ていくのよ。」

妻が子供と暮らす予定だったアパートから、冷蔵庫と洗濯機を運び布団と食器を運んだ。
妻は嫁入り道具として俺の実家に持ち込んだ家電製品をすべて放棄した。
「使ってるもの持ってきちゃったら、お義父さんとお義母さんが困るもの。」

341 : :sage :04/12/14 23:55:05 ID:???

いい人って言うか本当に馬鹿
世渡り下手というのか・・・

342 : :sage :04/12/15 00:02:35 ID:???

すべてが整い、引越しを決行したのは3ヶ月後だった。
暴力沙汰になったり、妹が介入するのを防ぐために俺の両親に別居を告げたのは、引越し前夜の夜遅くだった。
寝ている両親の部屋の前で、俺は声をかけた。
「おい。」
寝ぼけたおふくろの声が「何?」と聞こえた。
「明日の朝俺達は引越しするからな。」
お袋の返事はなかった。

翌朝早朝に引越業者の大きなトラックが家の前にとまった。
妻は子供たちを友人に預けに行き、戻って来たところをお袋に捕まった。
「ちょっとどういうことやの?引っ越すって何?どういうこと?」
妻は力いっぱいお袋の手を振り払い、「自分の胸に聞いて下さい。」と背中を向けた。

347 : :sage :04/12/15 00:16:59 ID:???

「わからん!何でやの!仲良くやってきたやないの!何でやの!」

玄関の柱にすがり付き、お袋が泣き喚き続けた。
妻は無視してダンボールを運び続けた。
最後の荷物を積み終わり、掃除機と雑巾もかけ終わったとき業者のあんちゃんが俺のところに困った顔でやってきた。

「お母さんが荷台に乗って降りてくれないんですが…。」

力づくで降ろそうとした俺を制した妻は、お袋に言った。
「邪魔しないで下さい。もう関係ないんですから、降りて下さい。」
「せめてせめて理由だけでも教えて。私が何をやったというの?何が悪いの?」
「話すから降りて下さい。業者さんに迷惑です。」

ぶるぶる震えているお袋に手を貸し、荷台から降ろした妻は

「あなたが●さんに、

『嫁は家事一切しないでパンツも私に洗わせる』

とおっしゃったからです。」

おふくろはきょとんとした顔になった。
「何それ?」心当たりがまったくない、そんな感じだった。
●さんというのはお袋の仲の良い友達で、妻の同僚でも会った。
典型的な保険のオバさんというタイプで、何かにつけ妻に嫌なことを言っていた。
二人目の子供ができるまで、「子供よりお金のほうが可愛いのよねぇ。」と言い「☆ちゃん、Mちゃん(お袋)が泣いてたわよぉ。」で始まる話は、嫌味たらしくて俺も気分が悪かった。

349 : :sage :04/12/15 00:29:18 ID:???

特に二人目が生まれてからは我が家に入り浸り、お袋と毎日茶飲み話に興じていた。
長男に紙オムツを使っている妻に、「うわぁぁ!もったいなぁぁぁぁい!」と言い
「稼ぐ人は勿体無いことを平気でするよねぇ。そんなんで借金が終わるわけないわな。」と言う。

硬い表情のまま、お袋に語った妻の話を要約すると
●さんが会社で「☆さんは家事を一切お姑さんにやらせて、自分の下着まで洗わせ子供の面倒も全部お姑さんにやらせている。」と言い触らし、当時は新人の教育係になっていた妻の、新人への「家事も育児もしながら仕事をしましょう」という指導を台無しにして、新人数名の信頼をめちゃくちゃにした、ということだった。

「本当のことならまだしも、お義母さんは何もしてくれませんでした。誰よりも私が頑張ってるのを知ってるのは、お義母さんじゃないですか?何で私の仕事まで邪魔するんですか?何で嘘をついてまで、私の仕事の邪魔をしたいんですか?」
言い募った妻に、お袋は引き千切れるくらいの勢いで首を振った。
「知らん!私は言ってない!そんなこと言うはずない!!」
その言葉に、私も妻も真実を感じた。

350 : :sage :04/12/15 00:41:41 ID:???

根も葉もない噂を作っていたのがお袋でなく、●さんだと悟ったとき妻の中にお袋に対する負い目が生まれてしまったのは、傍で見ててもわかった。
いつもならすぐに素直に謝る妻の、謝らない顔を初めて見た。

「わかりました。なら、●さんに会社でみんなの前で謝罪して貰って下さい。」
妻はすたすたと自分の車にのり、エンジンをかけ、タイヤをうならせて発車した。
俺も自分の車に乗って、お袋の追求から逃げた。

その夜、4人家族は小さなパーティをして、新居を祝った。
新しい婚姻届の用紙も書き込まれた。
同じ相手であれば、女性も6ヶ月待たないで婚姻届を出せることを初めて知った。



【逃げられ】既男板の898が一人で踊るスレ【寸前】
http://ex9.2ch.net/test/read.cgi/intro/1102169908/