img11
230: 2008/03/16(日) 01:56:47 ID:dHgGo2P70

投下したいと思います。もう数年前の話になるのですが。
[俺男]当時23歳 N大学生
[彼子]当時20歳 N大学生
・俺男と彼子は同じ大学で知り合い、付き合い始めて2年が経とうとしていた。 

[浮男]当時20歳 フリーター
[友子]当時20歳 N大学生 彼子とは親友で俺男とも友達。
・彼子、浮男、友子は中学の同級生で3人とも仲良し。

 当時、俺男と彼子が付き合ってもうすぐ2年が経とうとしていた。
もちろん喧嘩もたくさん してきたが、なんだかんだうまくいってて、「将来結婚しよう」なんて話もよくしていた。

 しかし、11月に入り俺男は彼子の異変を感じていた。俺男のことをこれでもかってくらい束縛する彼子が、ほとんど束縛しなくなった。
始めのうちは俺男は自由になれた嬉しさもあり1週間ほど放っておいたのだが、彼子の態度が一向に変わらないことに俺男は次第に不安になっていった。

233:  2008/03/16(日) 02:10:12 ID:dHgGo2P70

そして俺男は彼子に聞いた。
俺男「なんで最近そんな態度なん?もう俺のこと好きじゃないと?」
彼子「そんなことないよ。まだ俺男のこと好きだよ。」
俺男「でも最近の彼子絶対変だよ。俺は不安だよ。」
彼子「ごめんね。俺男を不安にさせないように私頑張るね。」
と彼子は言ってくれた。

しかしそれから2週間ほど経っても一向に彼子は変わらなかった。
その間も彼子に注意しても彼子は前言ったことを繰り返し言うばかり。

 もうらちがあかなかったので、俺男は彼子が家に泊まりに来たときに罪悪感を感じながら彼子の携帯を見てしまった。
案の定黒だった。俺男が異変を感じ始めた頃から、彼子は浮男って奴と付き合っていた(当時俺男と浮男は全く面識がない)。

 そしてメールには信じられない内容も書かれてあった。
彼子は浮男には俺男とは別れたと言っていた。
浮男にとって俺男は元彼だった。
彼子は俺男も浮男も騙して二股をかけていた。

236:  2008/03/16(日) 02:29:06 ID:dHgGo2P70

支援ありがとうございます。続けます。

俺男はメールを見た後、寝ている彼子を叩き起こして問い詰めた。
彼子「ごめんなさい。でもね、浮男には全く気持ちは無いの。最近俺男が私に構ってくれないから私不安になったの。だから私から距離を置いたら俺男が振り向いてくれるか試したかったの。大丈夫だったらすぐに俺男に戻るつもりだった。」
確かに当時俺男は、バイトや翌年の4月から社会人になる予定だったので資格の勉強など、自分の事で忙しく彼子にあまり構ってなかった。

俺男「そうか。そしたらこれからは俺も気を付けるから、とりあえずこの場で浮男に電話して別れてくれ。」
彼子「わかった。」
浮男に電話しようとするもなかなか発信できない彼子…

俺男「なんで電話できないと?」
彼女「今は無理。今浮男と別れたら、友達にも戻れず縁を切ってしまう事になる。それだけは嫌。やっぱり中学からの友達だから。」
俺男「そんな俺が二股とか許せるわけないやん。嫌なら別れる。」
彼女「それだけは絶対いや。私本当に俺男のこと愛してるの、結婚もしたい。お願いだからもう少し待って。そしたら浮男とは自然と別れるように私が仕向けるから。」
俺男「…」
その後も同じような言い争いが続いた後、彼子は精神的に参っていた。
そしておもむろに化粧ポーチをバックから取り出した。

240:  2008/03/16(日) 02:46:17 ID:dHgGo2P70

彼子はハサミを取り出し自分の首を刺そうとした。
俺男は力づくでハサミを取り上げた。
彼子「死なせて!私がいなくなれば全部済むんだから!」
彼子は朝まで泣き続けていた。朝になり彼子の家まで送り、彼子の母親に事情を説明し、また変なことしないように見ててくださいと頼んで家に帰った。
次の日俺男は彼子に内緒で友子に連絡をとり二人で会って話をすることにした。
俺男も頭ごちゃごちゃだったので。

友子の話では、友子を含め他の友達にも俺男とは別れていたことになっていたw
しかも彼子は俺男の事を、別れたのにまだ未練がましく復縁を迫ってきてうざい。と、言いふらしていたらしい。俺男ポカーンw
それで浮男は俺男に対し相当頭にきているとの事。

 そこで俺男は決心した。ここまで裏切られたらもうやっていけない。
もう彼子とは縁を切ろうと(正直彼子への気持ちはまだあったのだが)。
 そして最期に浮男と会ってもう彼子とは縁を切るから心配しないでくれということを伝えることにした。
彼子には内緒で、友子を通じて浮男とアポをとり待ち合わせをすることにした。

242:  2008/03/16(日) 03:01:31 ID:dHgGo2P70

 待ち合わせ場所には俺男が先に着いた。
友子もわざわざ来てくれた。
友子「浮男はもう少ししたら来るみたいです。」
俺男「ありがとう。友子ちゃんには迷惑かけてごめんね。」

 そして二人で浮男を待って約5分後、俺男の後頭部に衝撃が走った。
浮男だった。浮男はいきなり俺男の死角から殴ってきた。(浮男はそのときはまだ全ての事情を知らなかった)

浮男「なに人の女に手出しとるんや!」
と叫びながら俺男を殴り続けた。

しかし俺男は殴り返せなかった。
というのは、俺男は浮男より3つ年上ということもあったし、そしてなによりここで俺男が手を出したて警察沙汰になれば翌年の4月から入社予定の会社の内定が取り消しになる可能性があったので。
 とりあえず浮男が殴り終えるまで我慢して、話し合おうと思った。
俺男は殴られている最中に何度も「話し合おう」と浮男に言ったが、それでも浮男は止まらなかった。

 そして俺男は10分以上(正確には覚えてないが)殴られ続けた後、意識を失った。

246:  2008/03/16(日) 03:17:31 ID:dHgGo2P70

 目が覚めた時、そこは救急車の中だった。
着ていたグレーのセーターは赤くなっていた。
目と後頭部には激痛が走っていた。
病院につき、まぶたと頭を縫ってもらった。
医者からは骨と脳波には異常はないという事だった。

 診察室からでるとそこには警官の方が3人俺男のことを待っていた。
「大丈夫ですか?とりあえず事情は署で話しましょう。」と言われ警察署に行き、事情を全て話した。
 
 浮男は傷害罪で緊急逮捕されたということだった。
幸い野次馬や友子の証言から俺男が一切手を出していないということは認めてもらえた。
浮男本人も認めているという。
 取調べが終わった後警官から刑事告訴するかどうか質問された。
俺男も気持ちとしては、こんなことされたのは許せないけど、裁判なんか起こしたら内定取り消しになるんじゃないかという不安と、浮男自身も彼子に騙されていた気持ちも考慮すると、とてもそんな気持ちにはなれなかった。
 結局告訴はせずあとは検察に任せ、示談で済ませるということになった。

250:  2008/03/16(日) 03:36:25 ID:dHgGo2P70

たくさんの支援ありがとうございます。
はい、生きてます笑今は元気に働いてます。
あと少しです長文になって申し訳ないです。続けます。

 浮男は拘留所に入れられ俺男は浮男とちゃんと話がしたかったが、当事者同士は刑が確定するまで面会謝絶ということだった。
 次の日浮男の母親から謝罪させてほしいと連絡が入り、近くの料亭で会う約束をし時間になり行くと、個室に通され、入るとそこには浮男の母親と父親がおり、俺男は人生で初めて人に土下座された。
1時間ほど話した後、示談することで話がまとまった。

 また、彼子の親からも連絡があり会うことになった(彼子を含め彼子の両親も警察からすべて事情は聞いていた)。
待ち合わせ場所には彼子の両親と彼子も来ていた。
彼子はずっと放心状態だった。両親は謝罪と見舞金を頂き、最期に彼子とは縁を切る。
今まで彼子と付き合ってくれてありがとうということを両親に言われ、話は終わった。

 彼子は帰り際に「本当にごめんなさい。」と泣きながら言って別れた。
 俺男は家に帰る時、涙が止まらなかった。
こんなこと彼子にされても、2年間付き合ってきて、楽しかった思い出がたくさん思い出してきて…でも一方では彼子に対する憎しみもあって、一時は本当に精神的に参ってた。

251: 2008/03/16(日) 03:39:39 ID:GK+Gom820

浮男、彼子の事が好きなのは理解できるけど、馬鹿すぎる・・・

255:  2008/03/16(日) 03:53:06 ID:dHgGo2P70

 それから15日後、浮男は略式起訴となり、釈放された。
俺男と浮男は2人で会うことにした。

 会って、浮男からの謝罪と示談の話をしているうちに浮男へのイメージが180度変わった。
本当に好青年だった。
前記の浮男の両親と料亭で話したときも、浮男の性格についても聞いたのだが、今まで暴力沙汰を起こしたことは一度もなく、本当はとても優しい子なんです。という話も聞いていた。
俺男はそんな浮男がなぜあの時、あのような行動に出たのかが不思議でたまらなかった。

 そしてそのことを浮男に聞くと俺男は更に度肝を抜かれた。

 彼子は事件が起こる前まで、浮男には俺男が彼子に復縁の話を迫って、彼子が断ると、俺男が彼子に暴力を振るってくると浮男に吹き込んでいたみたいだった。
もちろん俺男は今まで彼子に手を出したことなど一度もないのにw

 それで浮男は事件当日俺男の姿を見た瞬間、彼子が俺男に暴力を受けている姿が頭に浮かび、許せなくなって殴ってしまったらしい。
殴っているときのことは浮男自身頭に血が上って、ほとんど覚えてないらしい。
正義感が強い分それが仇となったようだった。

257:  2008/03/16(日) 04:04:45 ID:IGyrv5kfO

そんな浮男に僕は心を奪われてしまった。
あの事件の後真実を知り僕に怪我を負わした罪悪感に苛まれた浮男は何かと僕の世話をするようになりその好意に甘えるうちに僕らは次第にひかれ合っていった。

258: 2008/03/16(日) 04:05:34 ID:aL83rk2R0

なんでアッーーーー名方向にww

259:  2008/03/16(日) 04:06:42 ID:dHgGo2P70

 俺男はこれ以上浮男を攻められないと思った。
十分に浮男は前科もついてしまい、社会的制裁も受けている(バイトをしていて、もうすぐで正社員登用というとこで今回の事件でクビになったそうだ)。
浮男も被害者なんだと。
 更に話をするとまだまだ彼子のボロが出てきて、俺男はやっと吹っ切れることができた。

 結局示談金○○万円で話はまとまり、浮男とは握手をして別れた。
全ての事情を知った浮男も彼子には憎しみはあるが、言ってもしょうがないので縁を切るということだった。
 実は浮男とは今は友達としてたまに連絡をとるような仲になりました。

 とりあえず話は以上です。
まだまだ説明不足のところもありましたが、こんなに遅くまでまとまりのない長文に付き合って下さった方々ありがとうございました。

261: 2008/03/16(日) 04:12:46 ID:qSPbcIut0

お疲れ様 大変だったね 若干スッキリしないがw 
いい女性と出会えますように

263: 2008/03/16(日) 04:18:38 ID:TbtNCUR60

嘘に踊らされたといえ、罪もない他人に問答無用!状態で暴行した浅はかな浮男の前科は自業自得だろうけど
事の原因の張本人彼子がのうのうと生きているのがスッキリしない。

天罰よ彼子に下れ~~って気分。

264: 2008/03/16(日) 04:21:45 ID:EhQ7UI5e0

乙でした

>>263
彼子も両親に縁を切られてる
まあそれだけじゃ足りないという気持ちもわかるが

265:  2008/03/16(日) 04:29:09 ID:dHgGo2P70

 事件が終わったあと、彼子からもう一度俺男とやり直したいと泣きの連絡はよくきていました。
当時はまだ俺男も気持ちがフラフラしてたので、少し考えたりもしましたが、いろんな友達からも助言してもらって、やっぱり無理ということを伝え、番号もアドレスも変えました。

なので、彼子が今どうしてるかはわかりません。
でも俺男は彼子には幸せになってほしいです。
また話せば長くなるのですが、彼子の育ってきた環境は不幸なことが多かったものですから。

 浮男もたぶん彼子とは縁切ってるみたいです。
もう浮男とは彼子のことや、事件のことにはふれないようにしてますので、詳しいことはわからないのですが。
まあ、連絡とるっていっても数ヶ月に1回とか、そういう頻度なもので。

267:  2008/03/16(日) 04:35:56 ID:dHgGo2P70

>>264
誤解させて申し訳ないです。
彼子の両親と合意したのは、俺男と彼子が縁を切るというのを両親と確認しあったんです。
なので、彼子と両親が縁を切った訳ではないです。
両親も今までちゃんと娘を見ていなかったと反省していましたし、これから娘と頑張ります。
といったことも言っていたので。

270: 2008/03/16(日) 10:33:09 ID:gjsnAMEN0

乙でした。
手を出さなくてよかったし、骨や脳波に異常なくてよかった。

馬鹿な女のせいで一生駄目にするとこだったな。
新しい出会いに恵まれますように。

273: 2008/03/16(日) 12:27:34 ID:AHJjN1pzO

久々に修羅場らしい修羅場の投下でしたね


乙でした

274:  2008/03/16(日) 13:32:58 ID:dHgGo2P70

こんにちわ。230です。みなさん励ましの言葉ありがとうございます。
>>270
 はい。当時はまだ彼子に未練もあったのですが、時間が経った今では別れてよかったと思っています。
もしあの時二股に気付かず、結婚までいっていたらと考えたら、ゾッとします。

周りの人からは浮気をする人は直らないということもよく聞いていたので。もちろん警察沙汰までなったのは残念ですが。
 一時は女性不信になってたのですが、今は大丈夫です。
その後俺男にも新しい彼女ができて今は仲良くやっています。

275: 2008/03/16(日) 15:26:32 ID:0Cf7RmWB0

よく気絶するまで耐えたな。
その根性は賞賛に値するよ。
230乙でした。