img35
155: 2009/11/14(土) 01:45:07

妻と別居中の男です。
妻の下に小学生の男の子がおります。

別居原因は、妻の不貞です。

妻の住居に別居の原因となっている男性が通い込んでいます。
長男の成長にどのような影響がでるのか心理面から調べていますが
図書館に通い詰めても、そのような状況での学術論文や著書などを
見つけることはできません。

どなかた学術的な論文、文献、著書などご存知でしたらご教授ください

156: 2009/11/14(土) 01:47:06

興信所使って証拠集めて、離婚調停して親権確保しろよ

157: 2009/11/14(土) 01:49:55

そういうのは、学術的にどうこうとかいう方面で攻めても意味がない。
理詰めで相手を説得したいのかもしれないけど、
理屈が通る人間なら最初から不貞などという理不尽な真似はしない。
そっち方面に強い弁護士に頼んで調停でも訴訟でも起こすべき。

158: 2009/11/14(土) 02:00:43

すでに離婚についての訴訟は実施していますが、子の親権に関しては
有責性が無い状態でもなかなか難しいようです。
そのために、学術的な追求をしたいのです。
みなさん、助けてください。
Ciniiや検索サイトでもかかっても来ません。

159: 2009/11/14(土) 02:04:18

追求をするのは勝手だけど、それを裁判や調停に使えるかというと話は別になるような気が。
離婚に伴う親権問題に強い弁護士を探したほうが早いのでは?

160: 2009/11/14(土) 02:04:59

素人が学術論文引いても持論展開しても裁判所が法的判断かえるとは思えないがな。
それでもやりたければ自由だが聞く場所間違っている。
2ちゃんで素人に聞いて検索しろという返事意外帰ってくるはずないだろ。
現実社会の専門家に聞け。弁護士の方が確かだし、司書に聞いた方が論文には詳しい。

161: 2009/11/14(土) 02:07:21

証拠は出揃っています。
あまりに多すぎて弁護士も整理するのが大変ですといわれています。
状況をあまり書くと、相手方にも見られてしまう恐怖感から
あとだしのような書き方ですみません。

一般論として、子の福祉に悪影響を及ぼすのは当然と思います。
しかし、それを、どのような根拠で相手方に示すのか、そのための資料にしたいのです。

162: 2009/11/14(土) 02:09:09

だから2ちゃんで聞いても答えはないっての。
福祉の専門家か図書館の司書に聞きな。

164: 2009/11/14(土) 02:12:28

わらにもすがる気持ちでした。
すみません。

166: 2009/11/14(土) 02:15:52

>>164
依頼人が素人の自己判断で勝手に動いたのでは、弁護士の仕事を妨げかねません。
整理が大変なほど証拠がたくさんあるのだから、
その中から法廷で有効に使えそうなのをチョイスして提示すればいいだけの話。
提示の方法も、弁護士がよくわかっているはず。法廷のプロなんだから。

167: 2009/11/14(土) 02:16:03

基本的に裁判所の調停員は女の味方と思ったほうがよい。
一言で「弁護士」と言っても得意不得意があるので、離婚問題に強い弁護士でないと思うような結果は得られない。
一般の弁護士にとっては手間ばかりかかって儲けの少ない仕事だからね。

168: 2009/11/14(土) 02:17:20

子供何歳?
小学校の5、6年生より上なら子供が父親と住みたいと言えばいけるんだったと思う。

169: 2009/11/14(土) 02:21:39

私が学術方面の職種ですので、弁護士から、不倫相手と接触した子供の心理面を書いた文献が無いかどうか調べて欲しいという依頼を受けました。
無くても、かまわないとの話でしたが、すこしでも子供の親権を得るためならと、調べているのです。

>>168
 9歳です

172: 2009/11/14(土) 02:28:11

>>169
児童心理学を専攻している知り合いはいらっしゃらないのですか?

174: 2009/11/14(土) 02:32:25

>>172
 知り合いは居ません。
 児童心理を扱う人たちに会えるような相談所があれば、向かいたいです。

175: 2009/11/14(土) 02:33:32

つ「児童相談所」

177: 2009/11/14(土) 02:38:20

>>175
児童相談所のご提案ありがとうございます。
時間を作って訪問してみます。

181: 2009/11/14(土) 02:44:45

なんで専門家がいないここに拘る?
子供の事なら教育でも教育学板でも福祉板でも専門文献を聞くならそっちだろ。
学術書なんか聞いても返事がないと分かっている場所に拘るっておかしいぞ。

182: 2009/11/14(土) 02:45:10

×1板にも子供絡みのスレがたくさんあるから
離婚が決定事項なら覗いてみたらいいんじゃないかな。

188: 2009/11/14(土) 11:07:02

俺は子供連れて別居し親に頼らず働きながら2年のいく時実績を積んで親権を得た
別居育児中に裁判所調査官が子供の育児環境を見にきて
保育所にも聴取が入り完璧な育児との評価で報告書が裁判のテーブルに上がって認められた
男が親権取った一つの例だ
あくまでこれはひとつの例だからな
当時子供は4歳と5歳

不貞されてるのも関わらず先手を打たずに子供を守れなかったってのが俺にしてみたら情けない
仕事があったとかは言い訳にならない
俺は子供守るために別居と同時に仕事をあきらめ子供を守ることを優先した
それが正しい選択かは人によって判断は違うだろうが
文献うんぬんの頭でっかちよりもアクティブに子供を接していく姿勢が
親権獲得に必要なことなんだと思う
俺は法曹界の知識なんて全くなかったけど調停までは弁護士立てなかった
裁判になっていろんな書類が必要になったとこで初めて弁護士にお願いした
法律の仕組みなんて知らなくても何とかなったよ
自分がどれだけ動いて子供のために頑張れるかだ

189: 2009/11/14(土) 12:28:08

>>188

まったくだな…
俺もあの時そうすべきだったと激しく後悔してる、頭でっかちのバカだ

190: 2009/11/14(土) 12:33:47

確かに、文献を使って不貞母がどんなに有害かを力説したところで
自分の手で育てる能力がなければ、親権は難しいよな~。

192: 2009/11/14(土) 14:41:02

それ以前にど素人に論文さがして理論武装して来いって弁護士の存在が信じられん。
それなら弁護士いらんだろ。出来ない依頼者はどうすんだよ。
親権がらみの文献なら、他の依頼者でも使うから当然集めているだろ。その弁護士が始めてでも
裁判の世界では使われた例が当然あって周知してるはずだ。
集める手間だって事務こなす為にの弁護士秘書や研修生が雇ってるんだから素人より確実。
バッタモンの脳内弁護士なら別だけどさ。ネタじゃなきゃ悪徳に騙されているな。



スレッド立てる程でもない質問・愚痴・雑談など@既婚男性16
http://namidame.5ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1256613929/