夜は明けて陽は暮れる

浮気・不倫を巡る、彼氏・彼女・夫・嫁・間男・浮気相手・未婚・既婚問わず、男女が繰り広げるあくなき修羅場や神対応までまとめたサイトです

Tag:托卵

img70
900 : 2013/06/20(木) 19:49:47

二十代で年収900の時点でネタだろ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

img70
876 :: 2013/06/20(木) 19:49:23

カッとなってしまいました。

上の子鑑定、弁護士、籍抜き?
山積みなんですね。
もう嫁に話ししようと覚悟決めて、最後に見てよかったです

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

img70
844 : 2013/06/20(木) 19:48:51

ここは相談も可能ですか?
今、浮気発見しました

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

img41
766 : 2016/12/09(金) 21:31:16 .net

>>739
自分はガチで計画的に他所の子を産んだ
DNA鑑定で白黒付ける前に別れちゃったけど
絶対元旦那の子じゃない

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

img34
621: 2008/07/13(日) 17:38:08 O

もうすぐ、鬼女が(たぶん)俺の子供を産む。

妊娠して、「旦那の子として産む」と言われたときは、
「そうかぁ、がんばって育ててくれよ」
「俺とおまえの子だぞ。かわいいだろうなあ」
「たまには会わせろよ」
「血液型は同じだし、DNA検査なんて普通しないから平気」
「どこか旦那に似てるよ。きっと」
と笑い話にして、楽しみにしてたけど、急に恐くなってきた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

img51
230: 2016/09/17(土)16:20:19 ID:UQB

自分が二十歳の時に母が他界してから
しばらくして大分落ち着いた頃に母の友人だった人から、
母が生前家族にビデオレターを残していたとの事で
それを父、兄、姉と一緒に見ることになった。

初めは父に対して色々な思い出を語っていて、父も込み上げる何かがあったのか、半べそ状態で見いってたんだ。
んで、兄、姉の事を話始めて、最後に自分の話になった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

img32
276: 2014/11/12(水)16:28:06 ID:YVNHgyfYr

母の不倫で離婚、弟も不倫相手の子だと発覚して回収されて以来、父親の愛が重い

私がすり傷でも作れば発狂したように心配し、問題が起きれば、たとえ私が悪くても理屈を曲げて私を庇った
学校に乗り込んだことも一度や二度じゃなく、今から思えば立派なもんぺだと思う

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

img20
677: 2015/03/19(木)09:29:26 ID:QCv

3年間娘と信じて育てていた子供が自分の父親の子供だと発覚したときの衝撃はすごいね。
何にも考えられなくなって頭の中が真っ白になりました。
昨日ようやく決着がついたんだけどもさ。本当に大変でした。
話はおととしの年末に親父がひき逃げに遭ったことに始まった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

img39
277: 2017/06/26(月)09:42:26 ID:ZFd

20年生きててはじめて自分が托卵の子だと知った。
まだ気持ちの整理がついていないので吐き出したくて書き込みします。
支離滅裂な点があったら見逃してください。

私、大学2年。
実家を出て女子寮に入ってる。

5月のはじめに父から電話が掛かってきて、「金輪際俺はお前に一円も出さない。大学に通いたければ夜の店にでも行け」と突然言われた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

img51
540: 2013/09/26(木) 16:20:16.69 0

知らぬ間に托卵してしまった修羅場
大学時代に付き合っていた彼女から話があると知人経由で連絡を受けた
彼女とは俺から告白したものの、年の差があったせいか(彼女が二つ上)
三ヶ月ほどですぐに振られてしまった経緯がある

それからさらに数年たっての呼び出しに、まだ俺のこと好きなのかもとか
俺の事思い出して当時の熱が再発したのか、とか
女は20後半に差し掛かると年下がよく見えるっていうし!
と内心うきうきしながら、待ち合わせにいった
そこ当時よりも垢抜けてきれいになった彼女がいた
ただし子連れで

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ

このページの上ヘ